鉄槌 - ポルノグラフィティの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

ポルノグラフィティ
公式サイト
鉄槌  ♪  ポルノグラフィティ
作詞 : Haruichi Shindo
作曲 : Haruichi Shindo

裁判は僕の知らない深い夜のうちに
決していて明日を奪う
反論の機会もなくそれに従う日々
仮面をつけた判事が笑う

あいつそれきり僕の姿など目に映らないようにして
足のぬかるむ道を行くように陰鬱と湿った同じ日を繰り返させる

無駄とは知りながらスプーンで抜け穴を
掘っているんだ手伝うかい?

高くそびえた塀の外側は新しい陽が射すのだとか
使い古して朽ちる前のここに流れる時間より乾いてるんだろ

声を打ち消す鉄槌の音が ああ…
あいついつまで僕を押しとどめ罰を負わせるんだろう
それは夜ごとに僕にくだされて身に覚えのない罪が暴かれる裁判


ミニ情報
アルバム「ポルノグラフィティ」収録曲
ポルノグラフィティの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
鉄槌/ポルノグラフィティの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ