Daylight hare-brained unity 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

Daylight  ♪  hare-brained unity
作詞 : 布谷吉崇
作曲 : hare-brained unity

踊りだせ 無数の光蹴散らして
目の前の世界 揺らして波を起こすように

遠くなる街並みは日差しで揺らめいて
あてのない 果てのない 長い旅の途中
眠れない毎日を振り返らないように
変わらない毎日を繰り返さないように

海沿いのカーブの先には
まるで昨日の夢の続きが

いつまでも変わらないものがあるとして
それが他でもない君への思いだといいな
たったひとりの君に出会えた奇跡で
目の前の世界 新しい色に変わっていくよ

振り返る その髪は 風のように揺れて
こぼれ出す 笑顔は 何度目の恋に落ちる?

君を迎えに行きたい
夏の夜の夢は続く

いつまでも変わらないものがあるとして
それが他でもない君への思いだといいな
たったひとりの君に出会えた奇跡で
目の前の世界 新しい色に変わっていくよ

いつまでも変わらないものがあるとして
それが他でもない君への思いだといいな
星空に預けた一行の言葉
僕は忘れない いくつの夏が過ぎ去っても

君を忘れない いくつの夏が過ぎ去っても

踊りだせ 無数の光蹴散らして
目の前の世界 揺らして波を起こすように


hare-brained unityの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
hare-brained unity「Daylight」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ