砂の器 - ナスカの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

砂の器  ♪  ナスカ
作詞 : 佐藤大志・山内麻里子
作曲 : 佐藤大志・山内麻里子

失うものなどないくせに ビビッてすかして煮えきらないから
君の影も砂の中に隠してしまったよ

ねえ あの海で目にした朝焼け 君は憶えているかな
ああ とても綺麗ねって 僕はなにも感じなかったんだ
全てに疲れていたんだね

きっと 僕の両手は砂にまみれて 汚れていってしまうけど
迷って もがいて 向き合って 悔やまぬ日々を欲しがり続けるだろう

何時しか 時は経ち光と影
常識はずれの言葉をまぜて
強がる僕を褒めることも無くなってしまったよね

ああ 波の様にすれ違いながら
近づけずにいること 気付いていたんだよ
行ったり来たりを繰り返し
不安と戦っていたんだよ

いつか 僕が振り返った街の中 たとえ君がいなくても
迷って もがいて 向き合って 過ぎ去った時間を探し続けるだろう

いつか 僕の両手が灰になって 汚れたって 未来を
奪って 壊して 失っても 何度だって立ち上がり続けるだろう
そして僕は今日を生きていく


ナスカの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
砂の器/ナスカの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ