風 - 嵐の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

Jword
公式サイト

 ♪ 

作詞 : SPIN・櫻井翔
作曲 : 多田慎也

抱き合いながら 浜辺で寝ころんだ
雲ひとつ無い空が なんか寂しくて そう きっと
短い夏を 僕らは駆け抜けた
日焼けの色は いつか消えて切ないね 今を忘れそう

自分を映して夕陽を見てた ありがとうって
照れないでも 真っ直ぐ言えるように

何もかも捨てて 今をもう一度 時間を止めて
描いた理想 願いは助走だって信じたら 羽ばたけるよ
またいつか ここで集まって 話すときには
自分の風 旅した日々の足跡を 波が包んでくよ

水平線には 夢が浮かんでいた
生きる意味ごまかして 見てるなんて切ないね 永遠に

ころがる叶わない夢が今日も 星になってく
果てない海を 優しく照らしてゆく

ただ こんな気持ちのまま夏がゆく 自信ないけど
想いは空 誓いは雲だって感じたら 飛び立てるよ
またいつか ここで集まって 話すときには
今日の風 宇宙の小さな一瞬を 波が包んでくよ

短い夏が終わろうとしている
僕はただ海辺だけを見ている
いまはこうして碧が潜ちている
空は現在(いま)も僕たちを見ている

そうまた集まって 悩んでいたって語って笑って
飾っていた自分照らし出す またあの日の夕日照らし出す
はにかむ日々を包んでく 風が僕を包んでる

何もかも捨てて 今をもう一度 時間を止めて
描いた理想 願いは助走だって信じたら 羽ばたけるよ
またいつか ここで集まって 話すときには
自分の風 旅した日々の足跡を 波が包んでくよ


ミニ情報
アルバム「Time」収録曲
嵐の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
Round and Round
I'll be there
unknown
Treasure of life
DRIVE
Ups and Downs
青春ブギ
Sunshine
Amore
Bad boy
風/嵐の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ