堀部安兵衛の妻 小桜舞子 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

小桜舞子
公式サイト
堀部安兵衛の妻  ♪  小桜舞子
作詞 : 木下龍太郎
作曲 : 岡千秋

殿のご無念 晴らすため
明日は吉良への お討入り
その目を見れば 隠しても
判りますとも 夫婦なら
首尾(しゅび)を笑顔で 祈っても
別れがつらい 心では

「口は達者でも 父・弥兵衛は老いたる身。
老いの一徹(いってつ)で
どうしても討入りに行くと申します。
旦那様 足手まといになるやもしれませぬが、
父の面倒よろしゅうお願い申します」

たすき代わりに お貸しした
赤い扱(しご)きが 縁結び
高田の馬場の 仇討ちで
二世を契った 夫婦雛
たとえ短い 月日でも
幸せでした 誰よりも

「夫婦としての歳月(としつき)は短くても
堀部安兵衛殿の妻として生きられたお幸は
果報者にごさいます。この世で叶わぬならば
次の世は必ず必ず添い遂げさせて下さい 旦那様」

いまは他国の 赤穂でも
武士でありゃこそ 忠義立て
人目を避けて 小走りに
本所目指すか 影二つ
後を見送る 丸髷に
冷たく積もる 別れ雪


小桜舞子の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
小桜舞子「堀部安兵衛の妻」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ