面影みれん - 北見恭子の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

面影みれん  ♪  北見恭子
作詞 : 吉田旺
作曲 : 徳久広司

ひとりでいるやら ふたりやら
あのひとどうして いるかしら
人恋しぐれの 降る宵(よい)は
過ぎた昭和の 面影が
うしろ髪ひく 吐息(といき)酒

行方(ゆくて)の苦労が 見えたって
つくして悔いない 恋でした
一途なおまえが 重たいと
風にまぎれて 去(い)ったひと
あれは昭和も 終り頃

このさき誰かを 愛しても
あのひと空似の ひとでしよう
独(ひと)り身つづきの この乳房(むね)に
過ぎた昭和の ぬくもりが
しみて涕(な)かせる みれん演歌(うた)


北見恭子の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
おんなの北港
緋牡丹慕情
恋双六
浪花の月
おんなの春
面影みれん/北見恭子の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ