さよならも言えなかった夏 - 下川みくにの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

下川みくに
公式サイト
さよならも言えなかった夏  ♪  下川みくに
作詞 : 下川みくに
作曲 : 下川みくに

二人で歩いた夏の日
波打ち際を裸足で
国道に上がる階段で
初めてあなたにキスをした

水平線を見てる背中を
何も言わずに抱きしめた

あれからどれくらいの時が
二人の間通りすぎたのかな
今でもあの潮風を
胸に抱いて 泣かないように
空を見上げた 夏の終わり

髪をなでる大きな手
耳元に残るぬくもり
いいことがありますようにと
あなたがくれた四つ葉のピアス

あなたがいない夏が来るたび
まだ胸の奥 疼くけれど

さよならも言えなかったね
後悔だけで言葉にならない
キラキラと凪いだ水面に写る私は
あの頃のまま 今年もまた
夏が終わる

この空に誓うよあなたへの愛を
もう届かない 愛でもいいよ でも
私が泣きそうな時
きっと助けてくれるよね…
夕暮れの空 夏の終わ


ミニ情報
アルバム「さよならも言えなかった夏」収録曲
下川みくにの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
さよならも言えなかった夏/下川みくにの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ