よろこび - FictionJunction YUUKAの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

よろこび  ♪  FictionJunction YUUKA
作詞 : 梶浦由記
作曲 : 梶浦由記

落ちてくるオリーブを集めて
星の欠片と君に手渡した
魚の影が横切る夕空
「一緒に行こう」

擦りむいた膝の甘さがね
この世の影を生き抜く秘密です
現を抜けて
幻の園へ
月の出を待つ頃

奏でる歌は蓄薇の色
星空の船で行こうよ
一番深い琥珀の闇へ
灯火のようなカスタネット

鏡の中に映ってる
知らない顔を道連れに
銀の小鳥がさえずる森へ
波打つ時間の向こうへ

手招いて、おとぎの岸辺へと
子供の声で私を連れ出して
見張りの瞳を潜って行くから
月の出を待つ頃

孤独な夢の玉響へ
遊び戯れて行こうよ
胸の花火が焼け付くほどの
よろこびが待っているよ

見送る歌は薔薇の色
星空の船は急ぐよ
銀の小鳥がさえずる闇へ
波打つ時間の向こうへ

一番深い琥珀の闇に
よろこびが待っているよ


ミニ情報
アルバム「circus」収録曲
FictionJunction YUUKAの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
よろこび/FictionJunction YUUKAの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ