猫なで彼女 - 蝉時雨の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

猫なで彼女  ♪  蝉時雨
作詞 : 中根大輔
作曲 : 中根大輔

どこ吹く風で 昼下がりの世界を見下ろす
彼女が目をつむって 微笑んでいるのは
錆びたトタンの屋根の上

観て来たものを全部 話そうか
消えない過去も全部 話そうか
僕がいつでも 旅に出られる様に
僕がいつでも さよなら出来る様に

何食わぬ顔 往来の人だかりを見つめる
訪れ行く春に ただ酔いしれていた
空き地に咲く花の上で

上手く言えない嘘 聞いてないふりで
どこへでも行けるさ 笑っておくれよ
僕がいつでも 旅に出られる様に
僕がいつでも さよなら出来る様に

彼女はもう消えた 錆びたトタンの屋根の上


ミニ情報
アルバム「ナミダノイチ」収録曲
蝉時雨の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
猫なで彼女/蝉時雨の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ