よごれた手 - 蝉時雨の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

よごれた手  ♪  蝉時雨
作詞 : 中根大輔
作曲 : 中根大輔

指で描いた君の顔 引き出しの中
すましたり照れたり笑ったり

長い時間をずいぶんと 止めているみたいさ
お気に入りの古いカーテンにくるまって

ありありと浮かんでいる 白い雲

汚れた手 差し出して 深い愛を語るのさ
なかなか僕には出来ないが
それとなく それとなく 何度も強く抱き合う
夕焼けなど 待たなくて良い

こんな今日も許せるさ 思惑通りに
ご機嫌な僕ら並木の道

誰にでも見えている 白い雲

汚れた手 重ね合って 眠る前に語るのさ
なかなか僕には出来ないが
それとなく それとなく 何度でも確かめ合う
朝焼けなど 待たなくて良い

汚れた手 差し出して 深く愛を語るのさ
なかなか僕には出来ないが
それとなく それとなく 何度も強く抱き合う
別に何も 待たなくて良い


ミニ情報
アルバム「ナミダノイチ」収録曲
蝉時雨の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
よごれた手/蝉時雨の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ