君の帰る場所〜SingleVersion〜 - 時任三郎の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

時任三郎
公式サイト
君の帰る場所〜SingleVersion〜  ♪  時任三郎
作詞 : 中島文明
作曲 : 中島文明

君の瞳に映るのは 春の日差し それとも秋の海か
時をまきもどすとそこに 小さかった君がいる

君の髪をなでてゆく 夏の風も 冷たい冬の空も
やさしく包み込むように 夢を見せてくれるだろう

太陽を目指して伸びる
あの木々の葉のように生きて欲しい
たくさんの人の中で 負けそうになったら

どんな時もつないでいる いつの日も忘れないでよ
君の帰るその場所が この胸にあること

にぎりかえす手のひらには
柔らかなぬくもりがあふれていた
淋しさの道の上で 泣きそうになったら

どんな時もつないでる いつの日も忘れないでよ
君の帰るその場所が この胸にあること

どんな愛もかないはしない さり気なく そして尊い
君が眠るその顔が 安らかであるよに


ミニ情報
ドラマ「花嫁とパパ」イメージソング
時任三郎の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
君の帰る場所〜SingleVersion〜/時任三郎の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ