ゆうすげ雨情 西川ひとみ 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

ゆうすげ雨情  ♪  西川ひとみ
作詞 : 木下龍太郎
作曲 : 水森英夫

貴方を見送る 女の朝は
どうして早く 来るのでしょうか…
人目を忍ぶ二人の恋は
ゆうすげみたいな 一夜(ひとよ)咲き
帰したくない 心を読んで
今朝も遣(や)らずの 雨が降る

二人がこうして こうなることは
前の世からの 宿命(さだめ)でしょうか…
苦しむだけの 恋だとしても
出逢えてよかった 私には
雨がこのまま 続いていても
させちゃいけない 雨やどり

貴方に持たせて あげたいけれど
女の傘は 目立つでしょうか…
尽くしてみても 実らぬ愛は
ゆうすげみたいな 隠れ咲き
濡れて駆け出す 男の影を
追うは未練の 走り雨


西川ひとみの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
西川ひとみ「ゆうすげ雨情」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ