恋暦浪花春秋 - 水牧あさ実の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

恋暦浪花春秋  ♪  水牧あさ実
作詞 : もず唱平
作曲 : 四方章人

春は桜の 中之島
噂の二人が 寄り添い語る
差しつ差されつ ほろ酔い酒に
キタの雀が 騒いだそうな

夏は揃いの 浴衣着て (ア チョイト)
いそいそ出かける 天神祭り (ア ソレ)
ここに落ち着く ひとではないと (ア ヨイショ)
背(せな)で何故泣く 柳とつばめ

(打ちましょ ソレ もひとつせぇ ソレ 祝(いお)うて三度)

秋は銀杏(いちょう)の御堂筋
散るのは我が恋 枯れ葉か夢か
浪花女の 蛇の目を濡らす
浮世小路(しょうじ)の 宵町しぐれ

冬は氷雨に 濡れ鼠 (ア チョイト)
滲んでみえます 道頓堀が (ア ソレ)
ここが思案の 涙の峠 (ア ヨイショ)
我慢おしよと 鴎が啼いた
(ハイ エッササのエッササ)

明けて初春(はつはる) 法善寺
水掛不動に なに願かける
引いたおみくじ 小吉ながら
夢が持てます 明日(あした)が待てる

(目出度いなぁ ソレ 本決まり ソレ)


水牧あさ実の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
恋暦浪花春秋/水牧あさ実の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ