断絶 ムック 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

ムック
公式サイト
断絶  ♪  ムック
作詞 : ミヤ
作曲 : ミヤ

ある朝寝ぼけた彼をそれは突然おこした
信じられないのに不安だけで悲しくなり
別のことを無理矢理考える子供

電車は徐々にそれに近づいている
大好きなモノさえもただの塊に見え始め出し
いつもと違った雰囲気に怯え始める子供

その頃はもう日常の一部になってしまっていて
その時が一番楽しくてそれが彼の遊園地であり動物園だった
異色の環境に満足してしまっている子供

「終わり」という現実を知らなかった幼子は
あまりにも無残で残酷な答えをしらされた
人物像でさえまだ彼の中に確定しきっていないのに
「好き」「嫌い」だけの世界でプツリと遮断された記録
日が暮れるのつれそれは徐々に形を変え始める
誰も彼もがヒビの入った場所を無理矢理埋めようとした
何度も嘔吐を繰り返す彼の深い深い溝は
やがて何も埋められない形に変形してゆく

ドアを開けると見慣れた景色は真っ白で
聞いたことのないうるさい沈黙がとても苦しくて
慣れ親しんだ病室は僕一人には広すぎて
新しいシーツがなぜか悲しみのあとを押す
窓際に飾られた花が無性に愛しくて
メモ帳には言葉だけが悲しくつづられていて
暖かいはずのベッドはどうしようもなく冷たくて
ドアを開けてもあの景色には二度と出会えない

さよなら…?さよなら…


ミニ情報
アルバム「WORST OF MUCC」収録曲
ムックの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
ムック「断絶」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ