1999年、夏、沖縄 Mr.Children 歌詞ナビ

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 検索
Mr.Children
公式サイト
amazon検索

1999年、夏、沖縄

 ♪ 

Mr.Children

作詞 : 桜井和寿
作曲 : 桜井和寿

僕が初めて沖縄にいった時 何となく物悲しく思えたのは
それがまるで日本の縮図であるかのように アメリカに囲まれていたからです
 
とはいえ94年、夏の沖縄は Tシャツが体にへばりつくような暑さで
憂鬱なことは全部 夜の海に脱ぎ捨てて 適当に二、三発の恋もしました
ミンミン ミンミンと蝉が鳴いていたのは 歓喜の歌かそれとも嘆きのブルースか
もはや知るすべはないがあの蝉の声に似たような 泣き笑いの歌を奏で僕らは進む
 
いろんな街を歩き いろんな人に出会い 口にした「さようなら」は数しれず
そして今想うことは 大胆にも想うことは
あぁ もっともっと 誰かを愛したい
 
酒の味を覚え始めてからは いろんなモノを飲み歩きもしました
そして世界一のお酒を見つけました それは必死で働いた後の酒です
戦後の日本を支えた物の正体が 何となく透けて見えるこの頃は
平和とは自由とは何か? 国家とは家族とは何か? 柄にもなく考えたりもしています
 
生まれた場所を離れ 夢からも遠くそれて あぁ僕はどこへ辿り着くのだろう
今日も電車に揺られ 車窓に映る顔は
そうほんのちょっとくたびれているけれど
 
神は我等を救い賜うのでしょうか それとも科学がそれに代わるのでしょうか
永遠でありたいと思うのは野暮でしょうか 全能でありたいと願うのはエゴでしょうか
 
時の流れは速く もう三十なのだけれど あぁ僕に何が残せると言うのだろう
変わっていったモノと 今だ変わらぬモノが
あぁ 良くも悪くもいっぱいあるけれど
 
そして99年夏の沖縄で 取りあえず僕らの旅もまた終わり
愛する人たちと 愛してくれた人たちと 世界一の酒を飲み交わしたのです
 
最後の曲が終わり 音がなり止んだ時 あぁ僕はそこで何を思ったのだろう
選んだ路とはいえ 時に険しくもあり
些細なことで僕らは泣き笑う
 
いろんな街を歩き いろんな人に出会う これからだってそれはそうなんだけど
そして今想うことは たった一つ想うことは
あぁ いつかまたこの街で歌いたい
あぁ きっとまたあの街でも歌いたい
あぁ そして君にこの歌を聞かせたい


ミニ情報
アルバム「B-SIDE」収録曲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Mr.Children「1999年、夏、沖縄」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
Mr.Childrenの新着一覧を見る▶
Mr.Childrenの人気情報
1 HANABIどれくらいの値打ちがあるだろう?
2 fanfare悔やんだって後の祭り
3 旅立ちの唄怖がらないで
4 GIFT一番きれいな色ってなんだろう?
5 himawari優しさの死に化粧で
6 Starting Over肥大したモンスターの頭を
7 Foreverひんやりとした空気が今
8 しるし最初からこうなることが決まってたみたいに
9 終わりなき旅息を切らしてさ 駆け抜けた道を
10 未完さぁ行こうか
Mr.Childrenの人気一覧▶
スマートフォンページで見る⇒
最新注目曲
Tears on Earth
入日茜
I'll never be Alone
杉山清貴
Go my rail
鈴村健一
黄泉のYou&Me
遠藤ゆりか
負け犬にアンコールはいらない
ヨルシカ
傘はいらない
中田裕二
NOISY LOVE POWER☆
大橋彩香
TEARS ECHO
フィーニス(田村ゆかり)
OK, Cheers!
chelmico
レクイエムが聴こえる
入日茜
魂のうた
入日茜
ウソヲツク
ゆるふわリムーブ
one summer day
杉山清貴
Let Me Know
KEIJU
誓い
雨宮天
Time To Say Goodbye (Concert Tour Version)
平原綾香
Emotional Daybreak
遠藤ゆりか
冬眠
ヨルシカ
Are you ready?
PrizmaX
Dancin' Groovers
小野大輔

TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報
(C)歌詞ナビ