雨上がりの虹のように CHEMISTRY 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

CHEMISTRY
公式サイト
雨上がりの虹のように  ♪  CHEMISTRY
作詞 : 平義隆
作曲 : 平義隆

雨上がり 虹のように 涙のそのあと 君が微笑んでくれるように
七色に 日々を彩っていくから 僕らの歴史を刻んでいこう

急に雲行きが怪しくなって 道はぬかるみ 足止めをくらって
雨宿りしたコンビニの軒先 ずぶ濡れの僕に 君が笑いかけていた

他人(ひと)の痛みさえも 省みずに 闇雲にただひた走って来たんだ
あの日君にめぐり逢えなかったら 自分までもキズつけてしまってた

霧で煙る 街角で 君も震えていたんだね
誰かのために出来ること ようやく僕は 見つけようとしているよ

目覚めたら 太陽が 僕らのはじまり 照らしてくれてるはずだから
君のため 日々を彩っていきたい 僕らの奇跡を起こしていこう

世間は矛盾ばかりと 投げ出して いつだって逃げてばかりいた僕の
捻じ曲がっていた心の 脆さを 君が手のひらですくいとってくれたんだ

雨上がり 虹のように 涙のそのあと 君が微笑んでくれるように
七色に 日々を彩っていくから 僕らの歴史を刻んでいこう

僕らの歴史を刻んでいこう


ミニ情報
味の素「クノール」CMソング
CHEMISTRYの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
CHEMISTRY「雨上がりの虹のように」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ