恋物語 - 紗希の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

恋物語

 ♪ 

紗希

作詞 : 紗希
作曲 : 紗希

新年早々の車の中で
うとうとと聴いていたラジオドラマ
気付けば私は真剣に
耳を傾けていた

ラジオを愛する青年の
儚い恋の物語
画像の無い新鮮な世界に
想像を膨らませた

彼は彼女に一途だった
彼女も彼に恋をしていた

けれど彼らには苦難があった
想い合う二人を仕切る厚い壁
この話を五十年も後に耳にしている
自分自身がこの憎たらしい壁を
壊せればいいのにと思った

戦後間もない情勢の中で
彼はひたむきにラジオ放送の
台本を書き続けていた
ペンだこが出来るほど

彼女は上流階級で
貧しさを知らぬ裕福な生活
貧乏な彼との結婚は
両親が許さなかった

彼は彼女に距離を置かれた
彼女は彼を想って泣いた

彼らをつなぐ唯一のものは
彼の声が流れ出すラジオ放送
聞いてくれている事を願う者と
その声を耳の奥に焼き付ける者は
離れていても繋がれていた

悲しくも
彼女は見合い相手と結婚することになった
けれど彼女は
彼を忘れる事は出来なかった
彼との駆け落ちも望んだけれど…

彼は仕事に追われていたから
その場をどうしても離れられない
でも愛する人の夢を壊して本当に
自分が幸せになれるのかといったら
そうではないと悟った

ラジオから流れる彼の声を聴きながら
一歩一歩新たな道を進んでゆく
私も前へ 進んでゆくよ…


ミニ情報
アルバム「GREEN」収録曲
紗希の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
You & Me
Rock the Party
ひとつひとつ
J王子
曇りガラス
交差点
イメージを
赤信号、右折だけ青
Mr.Heaven
うさぎ
恋物語/紗希の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ