夏風便り RAG FAIR 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

RAG FAIR
公式サイト
夏風便り  ♪  RAG FAIR
作詞 : 西沢サトシ
作曲 : 西沢サトシ

冷えた心のドアを開けるように 雨音が街を濡らすように
水に浮いた波紋ひとつ その中で君は笑った

色褪せたアルバムをめくるように 蝉声が初夏を告げるように
移り変わる季節の中 ボクはふと笑った

帰路急ぐ最終のバスが 夕暮れひとかけら乗せる
温かい感情が ホラゆらりゆらり溶けてゆく

あれからずっとボク達が 重ね合わせた出来事は
淡い風と共にゆるやかな弧を描いて 過ぎ去ってゆきました

ノラ猫がアクビして眠たそうに 路地裏で月を見てた夜に
打ち上がった花火の後 ボク達はキスを交わした

空っぽのポストならいつも通り 届かぬ便りを探すように
置き忘れたままの想い ボクはまた笑った

夜明け前階段を昇り 果てしない稜線を見てた
何気ない感傷が ホラじわりじわり胸にくる

あれからずっとボク達が 語り明かしたそれぞれの
日々を送りながら時折は振り返り 懐かしむのでしょうか

ホラネゆらり ホラネゆらり消えてゆく

あれからずっとボク達が 重ね合わせた出来事は
淡い風と共にゆるやかな弧を描いて 過ぎ去ってゆきました

連れ去ってゆきました


ミニ情報
「AOKI'もてスリムCool」CMソング
アルバム「カラーズ」収録曲
RAG FAIRの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
RAG FAIR「夏風便り」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ