彼方 BAZRA 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

彼方  ♪  BAZRA
作詞 : 井上鉄平
作曲 : BAZRA

小さな祈りはおぼろげで かすかでも燃えている
昼下がりの街並に 今もなお燃えてる
ちぎれそうな雲ひとつ 自分重ね合わせて
目をつぶったあなたは 眩し過ぎるとこぼしたのさ

ぼんやりと 置き去りにされたような
午後のいたずらに 傷ついた

仕草や目つきは悲しげで 助けを求めている
ひとり暮れゆく道端に そんな気がしたのさ
秘密にしてきたことに 迷いあるのならば
あなたのことを伝えて欲しい もつれた糸ほどいてゆくから

とりとめのないような はるか彼方
けれどひたすらに 耳澄ました

ぼんやりと 置き去りにされたような
午後のいたずらに 傷ついた

とりとめのないような はるか彼方
けれどひたすらに 耳澄ました


ミニ情報
アルバム「フトサマス」収録曲
BAZRAの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
BAZRA「彼方」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ