ガラスのくつ - misonoの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

ガラスのくつ  ♪  misono
作詞 : misono
作曲 : misono

眠りにつくまで 腕まくらをして
頭ポンポンと たたいてくれる そっと夢の中へ
おやすみの前には 何度でも言って欲しい 私の方が好きな気がして
“本当は 今でも不安になる”

少し高いくつをはけば 少しは大人になれそうな気がしたけど
見上げて見つめても その視線には届かない 私だけ写して

一人の夜は なかなか寝つけず
消えてはくれない この寂しさは そっと胸の中へ
電話の声だと いつもなら安心出来る言葉でさえも効き目がなくて
“本当は いつも心配になる”

少し高いくつをはけば もっと君に近づける気がしたけど
歩幅が合わなくて 離れた距離と年の差が 余計遠く感じさせる

増えていくクツずれ バンソーコー もっと子供っぽくなっちゃった

「すぐに治る傷」と ほおっておけば いつの間にか手のつけようがなくなる
君に似合う人になりたかっただけ 平気なフリ 背伸びしたつま先
らしくなかった私 嘘ついてるようで 好かれても嬉しくなんてない
魔法が解けたって 私は私 素顔を隠す飾りはもういらない

詰め込んだままだった
たくさんの言葉と
素顔伝えてみよう


ミニ情報
アルバム「never + land」収録曲
misonoの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
ガラスのくつ/misonoの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ