少女 伴都美子 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

伴都美子
公式サイト
少女  ♪  伴都美子
作詞 : 五輪真弓
作曲 : 五輪真弓

あたたかい 陽のあたる 真冬の縁側に
少女はひとりで ぼんやりと 坐ってた

つもった白い雪が だんだんとけてゆくのを
悲しそうに見ていたの
夢が大きな音をたてて 崩れてしまったの

あたたかい陽のあたる 真冬の縁側に
少女はひとりで いつまでも 坐ってた

木枯らしが のぞいてる 垣根のすきまから
少女はいつも 遠くを 見つめてた

かわいい仔犬たちが 年老いてゆくのを
悲しそうに見ていたの
夢が風の中で褪せて消えてしまったの

木枯らしが通り過ぎる 垣根の向こうに
少女はいつか 行くことを 知っていた


ミニ情報
五輪真弓のカバー
アルバム「Voice 〜cover you with love〜」収録曲
伴都美子の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
伴都美子「少女」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ