ROOTS MEGARYU 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

MEGARYU
公式サイト
ROOTS  ♪  MEGARYU
作詞 : MEGARYU
作曲 : MEGARYU

どれくらい経つだろうあれから 最後に帰り過ごした日から
走馬灯の様に浮かび上がる日々 色あせないで今も残る

誰にもある自分だけにとっての懐かしい風景
ふと見たことあるような場所で一人たたずんで
遠い目をして 戻せない 時間の流れ 感じながら
忘れそうだった 生まれ育った あの町の香り 思い出す

夏になるとにぎやかな蝉の音 澄み切った川の流れ
山が教える季節の変わり目 穏やかな時の中で
夜空を見上げて手を伸ばせば 届きそうな星の数
何でも願い叶いそうな そんな瞬間があったはず
当たり前に身の周りに いつもあった見慣れていたもの
今思うとその素晴らしさが心揺らす

誰にもある自分だけにとっての懐かしい風景
ふと見たことあるような場所で一人たたずんで
遠い目をして 戻せない 時間の流れ 感じながら
忘れそうだった 生まれ育った あの町の香り 思い出す

昔はその故郷の言葉 心のどっかで恥ずかしく思った
でもいつかあらためて聞くと温かく耳に響くものさ
暮らした町出会った人達が居て育まれたものがある
どれも欠ける事なく全ての歯車が噛み合って今がある
あの土の匂い 乾いたアスファルトとは違い心落ち着く
人とすれ違えば笑顔で挨拶 そんな時の中に戻りたくなる

誰にもある自分だけにとっての懐かしい風景
ふと見たことあるような場所で一人たたずんで
遠い目をして 戻せない 時間の流れ 感じながら
忘れそうだった 生まれ育った あの町の香り 思い出す

あの頃とは全く違う自分に染まっていても
あの頃とは姿の達う町になったとしても
変わらないそこに ROOTSがあって まっすぐな心のままで
少年少女だった時代を今も映し出す

誰にもある自分だけにとっての懐かしい風景
ふと見たことあるような場所で一人たたずんで
遠い目をして 戻せない 時間の流れ 感じながら
忘れそうだった 生まれ育った あの町の香り 思い出す

誰にもある自分だけにとっての懐かしい風景
ふと見たことあるような場所で一人たたずんで
遠い目をして 戻せない 時間の流れ 感じながら
忘れそうだった 生まれ育った あの町の香り 思い出す


ミニ情報
アルバム「ジェット気流」収録曲
MEGARYUの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
MEGARYU「ROOTS」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ