知覧の母 〜ホタル〜 歌川二三子 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

歌川二三子
公式サイト
知覧の母 〜ホタル〜  ♪  歌川二三子
作詞 : 鉄砲光三郎
作曲 : 鉄砲光三郎

昭和二十年四月七日午後二時二十五分、戦艦「大和」が海の藻屑と消えました。
後は特攻隊の体当たりしか無かったのでしょうかッ。

花は色よく 知覧の海に
行かせともなや あの空へ
帰らぬ命 又一つ

「トメおばさんッ、お早う御座居ますッ」
「まあッ金井さんッ、朝早か」
「おばさんッ。僕今日で十七歳に成りました。
おばさんを母さんだと思って報告に参りました。
今日まで本当に有難うございました」
「今日…行くとねッ」
「金井文博、本日見事敵艦に体当たりする日が参りました。
お別れに自分の故郷の歌を聞いて下さいッ…。唄いますッ。
♪アリラン アリラン アラリヨ アリラン コーゲル ノモカンダ」
「…金井さんッ、朝鮮の生まれだったのッ」

散りに行く身の 此の若桜
死出の旅路を 急ぐ身は
生贄ありて 平和あり

「自分はきっと逢いに帰ってきますッ。おばさんの胸にッ」

声を限りに 哭く不如帰
季節外れの「ホタル」とは
誓いを守り この胸に

「あッ 此のホタルは…此のホタルは…金井さんじゃッ。
約束通り帰って来やったとねぇ…来やったとねぇ…」
「金井さんッーッ」

♪(鉄砲節)
声を限りに泣きじゃくる 爆弾抱いて散って行く
幼い命数知れず
忘れまいぞえ知覧の海に 今なお深く沈んでる
平和日本の生贄がその英霊よ魂よ
何時何時までも安らかに

「オモニィーッ」


歌川二三子の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
歌川二三子「知覧の母 〜ホタル〜」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ