忘れもの 柴田淳 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

柴田淳
公式サイト
忘れもの  ♪  柴田淳
作詞 : 柴田淳
作曲 : 柴田淳

どこか遠くの町で育った君と
僕の生まれ育ったこの町で暮らし始めた
君の荷物はもう片づいてるけど
誰かのもとに忘れてきたものひとつ

触れちゃいけない 気付いてると思わせてはいけない
こうして今 君はとなりにいてくれてるから

僕は君を誰よりずっと幸せにするから
そんなふうに笑っていつもそばにいてほしいんだ
君が誰を忘れなくても 愛し続けても
君はそのままでいい
そのままがいい

時が過ぎても 僕のものになっても
君はいつもいつでも 同じような変わらぬ笑顔
それでも共に時を重ねてゆけば
思いきり泣いてくれると思ってたんだ

不自然でもいい 僕を愛そうとする気持ちだけで
たとえそれが 誰かのことを忘れるためでも

君には今僕しかいない 行く宛なんてない
受け止めてやれるのも きっときっと僕しかいない
僕が誰を越えれなくても 決して勝てぬとも
君を見守れるのは きっと僕だけで・・・

いつか君の忘れたものが戻ってくることを
僕はもう望まない 今の君が大好きだから
君が誰を愛せなくても ここにいたいなら
君はそのままでいい
そのままがいい


ミニ情報
アルバム「しば裏」収録曲
柴田淳の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
柴田淳「忘れもの」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ