唄い前夜 安藤裕子 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

安藤裕子
公式サイト
唄い前夜  ♪  安藤裕子
作詞 : 安藤裕子
作曲 : 安藤裕子

私はいつまでも経っても変われず
諦めの悪い世界を創っては 暮らして

時代は更地の道を越えて
お別れの言葉もなしに流れてゆく

人の波の中 呑まれ消えるのは
いつか君と過ぎた若菜の季節の様で・・・

ずっと同じままでいられる
土をつよく蹴ったなら 空に昇れる夢を見ていた
きっといつまでもこうして生きてゆける
信じて笑っていた
あの日君の瞳は気づいていた?

そよぐ風を待ち 薄れ揺らぐもの
あの面影を知る最後の場面の中で

ずっと同じ気持ちのまま
どこまでも続いていく道を歩いて
疲れも知らず笑う不器用な私が あの日君の瞳に映っていた
今 消えゆく陽炎 溶けてゆく
あの日君の瞳は気づいていた?


ミニ情報
アルバム「THE BEST '03〜'09」収録曲
安藤裕子の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
安藤裕子「唄い前夜」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ