月色の光 安倍なつみ 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

安倍なつみ
公式サイト
月色の光  ♪  安倍なつみ
作詞 : MAKI・すやまちえこ
作曲 : 安岡洋一郎

見上げた 月の 雫のように
涙は 頬を つたい落ちた あの日

言葉を 選ぶような あなたの その優しさ
すべてが 痛いくらい 解った

どんなに強く 愛されても 終わるものも あること知る
それでもまだ あの日のふたりに 何度も戻ってゆく 今は

夜更けに ひとり 目を覚ますと
あなたが ここに 居ないことが 実感(わか)る

短く 切った髪を あなたは 笑ったけど
今でも この前髪 そのまま

あんなに人を 愛せたこと 誇らしくて 涙が出た
抱きしめてた 思い出のカケラ 手放してゆけるよね きっと

暮れなずむ陽 角の本屋 ふと見つけた本手にする
明日だって そんなふうに 選べる気がした

どんなに強く 愛されても 終わるものも あること知る
それでもまだ あの日のふたりに 何度も戻ってゆく 今は


ミニ情報
アルバム「25〜ヴァンサンク〜」収録曲
安倍なつみの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
安倍なつみ「月色の光」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ