恋の一時間は孤独の千年 松任谷由実 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

松任谷由実
公式サイト
恋の一時間は孤独の千年  ♪  松任谷由実
作詞 : 松任谷由美
作曲 : 松任谷由美

隣り町もゆれる花火の晩
光の降る川に舟を出すの
Ding Dong 流れてゆきたいのずっと
暗い海にそそいでも
大切な荷物もみんな
捨てて腕の中へ
恋の一時間は孤独の千年

禁じられた恋は瑠璃色の鳥
見えない夜なのにかごを抜ける
Ding Dong はばたいてみたいのずっと
誰かを悲しませても
帰る場所はもうないの
力尽きる日まで
恋の一時間は孤独の千年

たとえば10年後の花火の晩
約束の川辺に呼び出してね
Ding Dong 人混みをすりぬけきっと
涙があふれるかしら
まだ愛し合っていても
遠くなっていても
恋の一時間は孤独の千年


ミニ情報
アルバム「SEASONS COLOURS-春夏撰曲集-Summer」収録曲
松任谷由実の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
松任谷由実「恋の一時間は孤独の千年」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ