僕の打ち上げ花火 AKB48 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

AKB48
公式サイト
僕の打ち上げ花火  ♪  AKB48
作詞 : 秋元康
作曲 : 上杉佳奈

夏祭りの夜に
君のことを見かけた
金魚すくいに
真剣だった
華奢な浴衣姿
白熱灯の下
はしゃぐ君の背中を
そばにいた彼が
そっと 抱いたね

なぜだか 僕は 急に
そこにいられなかった
まるで 君に恋をしてたように・・・

打ち上げ花火は悲しいね
はかなすぎて
美しい光も 一瞬の過去
打ち上げ花火は悲しいね
空の彼方
開く花は
静かに消えて行く

胸の奥の
愛しさには
気づかぬふりをしてた
友達だと
思っていた
君が遠くに見えた
ジェラシー

仲間たちとはぐれ
一人歩く 人ごみ
祭囃子が
遠く 聞こえて
余計 淋しくなる
人はみな 自分に
嘘をついて生きてる
ずっと 隠してた
ホントの気持ち

学校では見られない
素顔の君を知って
もっと もっと もっと
好きになった

打ち上げ花火が また上がる
空の向こう
切なさが心に広がって行く
打ち上げ花火が また上がる
夏はいつも 過ぎた後で
大人にしてくれる

片思いは
続くのだろう
君が誰かといたって・・・
一人きりで
僕の恋は
まるで線香花火みたいに

打ち上げ花火は悲しいね
はかなすぎて
美しい光も 一瞬の過去
打ち上げ花火は悲しいね
空の彼方
開く花は
静かに消えて行く

胸の真の
愛しさには
気づかぬふりをしてた
友達だと
思っていた
君が遠くに見えた
ジェラシー


ミニ情報
アルバム「team K 2nd Stage 青春ガールズ」収録曲
AKB48の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
AKB48「僕の打ち上げ花火」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ