ミルク - シドの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

ミルク-シド
Jword シド
公式サイト
ミルク  ♪  シド
作詞 : マオ
作曲 : 御恵明希

それはひどく突然で

街角は漂う中身のない歌と 「さよなら」君に流し込み
南口は今日も汗の気配一つない ゆっくり すり足で溶けよう

潤んだ瞳は乾いた風欲しがる 僕 欲しがったように
「月曜日の朝は朝食とる気しない」薄化粧の君 不機嫌に綺麗

見慣れた夢から目が覚めた後は 遠く 近く 君を想う
詠えない詩人は書き留めた言葉 届けるだけができず

月日ばかりが流れる

カフェオレと呼ぶにはあまりにもミルクで 僕とは不釣合い覚え
心地よい脱力 催促じゃないキス すべてが仕組まれた…とかね

自信って言葉は自分を信じると書く 苦手なほうじゃなかった
「飾らない君がすき」粉々になって たった今の僕 着飾って踊る

あの頃学んだ二つ三つなど 忘れる程の君の価値さ
今頃になって溢れ出す言葉 届けることができず

どこかで偶然とか 身近でレプリカとか 探すことに疲れ それでもすがって
大袈裟ではなく 最愛は君で

二人で選んだこげ茶色のソファー 派手なマフラー 折れた傘も
懐かしめる程強くはないけど 手放すことはできず

見慣れた夢の続きが見たくて 遠く 遠く 君を想う
詠えない詩人は書き留めた言葉 届かぬ言葉 歌う

戻れない日々と生きる


ミニ情報
アルバム「play」収録曲
アルバム「SID 10th Anniversary BEST」収録曲
シドの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
バタフライエフェクト
硝子の瞳
チイサナツバサ
chandelier
マニキュア
サヨナララスト
頬づえ


Sweet?
ミルク/シドの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ