越後湯沢駅 香田晋 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

香田晋
公式サイト
越後湯沢駅  ♪  香田晋
作詞 : 木下龍太郎
作曲 : 南郷孝

いつか暦は 春なのに
桜隠しの 雪降りしきる
私も人恋う 女なら
駒子のつらさが 身に沁みますわ…
あなたを送りに 来たものを
心は止めたい 越後湯沢駅

冬が厳しい 雪国は
女ひとりにゃ なおさら寒い
支えを失くして これからは
どうして生きれば いいのでしょうか
人目がなければ その胸に
すがって泣きたい 越後湯沢駅

女ごころは 冬もどり
夏が来たとて 根雪は残る
あなたにふたたび 逢える日を
駒子のつもりで 待ちわびますわ…
二人を遠くへ 引き離す
列車はもうすぐ 越後湯沢駅


香田晋の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
香田晋「越後湯沢駅」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ