維新 - Kagrra,の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

維新  ♪  Kagrra,
作詞 : 一志
作曲 : Kagrra,

漂えば遙かまで 谺するこの聲よ
貌わりゆく時代の風に翻り 何処までも 響いて

言葉は意味を絶ち 無数に羅列する
届かぬ願いだけが 幾世も闇を呼ぶ 廻り巡る

漂えば遙かまで 谺するこの聲よ
貌わりゆく時代の風に翻り 何処までも 響いて

儚く散り逝く命の歴史は枯れてゆく華のように
新たな初まりの日が既に迫ってる

希望は臨まれず 疎んだこの昊を
覆った雲を裂いて 今こそ光承け 五体を拡げ

漂えば遙かまで 谺するこの聲よ
貌わりゆく時代の風に翻り 何処までも 響いて

儚く散り逝く命の歴史は枯れてゆく華のように
新たな初まりの日が既に迫ってる

この運命の果てには未だ見ぬ景色か揺らめいている
その扉を開け放ち明日をこの手に掴む

漂えば遙かまで 谺するこの聲よ
貌わりゆく時代の風に翻り 何処までも 響いて


ミニ情報
アルバム「雫〜shizuku〜」収録曲
Kagrra,の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
維新/Kagrra,の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ