BLUE - 森山直太朗の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

BLUE-森山直太朗
Jword 森山直太朗
公式サイト
BLUE  ♪  森山直太朗
作詞 : 森山直太朗・御徒町凧
作曲 : 森山直太朗・御徒町凧

青い夜の隅っこに 愛の歌が
人の目を忍ぶ感じで 咲いていたんだ
きっとそれは思い過ごしさ 僕は一人にもなれず
壊れそうな星宵に 口づけるフリをする

恋をして 対策練って 大枚叩(はた)いて
オシャレして 背伸びして デートに誘って
大安祈って 体当たって 逃げられた
でも懲りずに
恋をして 髪切って 体重制限して
雑誌読んで 勉強もして イメチェン成功して
待ち合わせて 待たされて 今に至るのだ

ダーリンダーリン愛を歌っても 格好とかつかないから
言葉になるちょい前の 口笛で「Feel so BLUE」

♪口笛

夢を見て 啖呵切って バイトも辞めて
家を出て 列車に乗って 東京上京して
遮二無二(しゃにむに)なって バイトして 出世した
よせばいいのに
調子に乗って 天狗になって 足を取られて
叩かれて へこたれて 辛酸舐めきって
大海知って 限界知って 一抜けたのだ

そんなこんなの蒙昧(もうまい)な生き方 絵にも愚にもならないさ
青い夜の隅っこに 咲く花は風に揺られ 一頃の日を今思う
一片の「Feel so BLUE」


ミニ情報
アルバム「風待ち交差点」収録曲
森山直太朗の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
レスター
さなぎの時代
僕らは死んでゆくのだけれど
魂、それはあいつからの贈り物
嗚呼
君のスゴさを君は知らない
とは
電車から見たマンションのベランダに干してあったピンク色のシャツ
傘がある
金色の空
BLUE/森山直太朗の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ