こぼれ紅 - 秋岡秀治の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

秋岡秀治
公式サイト
こぼれ紅  ♪  秋岡秀治
作詞 : 松井由利夫
作曲 : 水森英夫

百の花より 一つの花に
賭けて 咲くのが 女の真実(まこと)
築地河岸(きし) 大川づたい
人目忍んで 寄せ合う肩に
月の雫か こぼれ紅

針の筵(むしろ)を 踏むより辛い
芸の厳しさ 険しさ深さ
成らぬ恋ゆえ 身も世も捨てて
合わせ鏡に 映した夢は
華の舞台の 晴れ姿

菊の絵柄を 情けで染めて
意地と涙で 仕立てた単衣(ひとえ)
袖を通した 姿が見える
浪花名代の 船乗り込みの
せめて名残りの 遠囃子


秋岡秀治の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
こぼれ紅/秋岡秀治の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ