角館哀歌 水田竜子 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

水田竜子
公式サイト
角館哀歌  ♪  水田竜子
作詞 : 水木れいじ
作曲 : 水森英夫

恋の残り火 雪で消し
桜の頃には 忘れたい
あなたと別れて 訪ねた町は
北の静かな 角館.....
生まれかわって 出直したいと
願うおんなの ひとり旅

墨絵ぼかしに 薄暮れて
淋しさあふれる 武家屋敷
あなたを失くして はじめて知った
夜の長さよ 角館.....
泣けとばかりに 舞い散る雪が
肩につめたい ひとり傘

雪の切れ間に 三日月は
みれんに焦がれて 痩せたのか
あなたの面影 抱きしめながら
酔えばせつない 角館.....
遠くなるほど 逢いたさつのり
こころ乱れる ひとり酒


水田竜子の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
水田竜子「角館哀歌」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ