夏の夢 - TRIPLANEの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

TRIPLANE
公式サイト
夏の夢  ♪  TRIPLANE
作詞 : Hyoue Ebata
作曲 : Hyoue Ebata

月明かりの下 くたびれた空き缶横たわる路地
虫の声が耳障りな夜 連れもなく僕は一人
一度だけ君と見た花火 目映い光拭い去る風
蒸し暑い夏の終わりに 夢が急ぎ足で消えて行く

何も見えない
その声は聞こえないよ
もう誰も居ない場所でまた夜が明ける

濡れた芝の上寝転がる体 汗の臭い
何も無いのに握ってみる手の平
君の温度は覚えてる

でも何も見えない
痛みすら感じないよ
薄れる記憶だけがこの胸を刺す
あぁ君は酔い薬
もぅ期限が切れたみたい
目が醒めた夏の夢
もう僕も居ない


ミニ情報
アルバム「home」収録曲
TRIPLANEの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
夏の夢/TRIPLANEの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ