ひっつき虫 - 森宮幸子の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

Jword 森宮幸子
公式サイト
ひっつき虫  ♪  森宮幸子
作詞 : 近藤英子
作曲 : 徳久広司

酔いつぶれるほど そんなに飲んで
何があったん 打ち明けて
わたしこれでも 女房のつもり
苦労一緒に したいねん
わたしあんたの ひっつき虫や
死ぬまでそばを 離れへん
自分の暖簾(のれん)を 出すのが夢と
いつもあんたは 言うていた

幼い頃から 気が合うふたり
白詰草の 髪かざり
いつも編んでは わたしにくれた
そんなやさしさ 好きやった
わたしあんたの ひっつき虫や
気持ちは今も おんなしや
どないな苦労も 夢のためなら
越えてゆくのが 男やろ

わたしあんたの ひっつき虫や
死ぬまでそばを 離れへん
あんたの才覚 わたしの器量
そうやふたりの 店持とな


森宮幸子の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
ひっつき虫/森宮幸子の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ