君のために僕が盾になろう - RAG FAIRの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

RAG FAIR
公式サイト
君のために僕が盾になろう  ♪  RAG FAIR
作詞 : 井手コウジ・引地洋輔
作曲 : 井手コウジ

君のために僕が盾になろう 傷をつけるすべてのことから
瞳の中もう君以外 映らないんだ

目を閉じれば浮かんで 光のように包んでくれる
夢に迷った僕を照らすように 君はそこで待っててくれたね

出会いの瞬間に奇跡訪れてたのに
これ以上探すべきものなどなかったのに
こんなに近くで遠回りしてた 毎日に別れを告げよう

ただ一つだけ想いを胸に 今日君を迎えに行く
偽りのない言葉 心から今捧げて

君のために僕が盾になろう 傷をつけるすべてのことから
迷うときも悩めるときも ずっと愛し生きてくと誓うよ
君とまだ見ぬ日も分かち合おう いつの時も一番側で
瞳の中もう君以外 映らないんだ

振り返れば こんな二人だから 思い出は数え切れない
涙の夜も微笑む朝も 君が僕を満たしていたんだ

天使の羽と賛美の声に 導かれて歩き出す
これからは何もかも 心から僕に預けて

君のために僕が盾になろう 傷をつけるすべてのことから
病めるときも健やかなときも ずっと愛し生きてくと誓うよ
君のために僕が盾になろう 傷をつけるすべてのことから
見つめてたい未来の君も 隣でいつまでも
君とまだ見ぬ日も分かち合おう いつの時も一番側で
瞳の中もう君以外 映らないんだ


ミニ情報
アルバム「オクリモノ」収録曲
RAG FAIRの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
君のために僕が盾になろう/RAG FAIRの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ