斜陽 スガシカオ 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

スガシカオ
公式サイト
斜陽  ♪  スガシカオ
作詞 : スガシカオ
作曲 : スガシカオ

鈍い黄色の夕陽が 染めた公団のむかい
ブランコさえない公園で ぼくらははじめてキスした
もう ぼくら以外のこと ほんとにどうでもよくて
ぼくが描いた自分は ただ君のためにあった

ぼくにだって それくらいはできると思ってたんだ
君のこと苦しめる 寂しさのひとつくらい
ぼくが側にいて 君を抱きしめればいい
“そう、きっとうまくいく…”って マヌケなぼくは言った

君の言葉のひとつひとつ 思い出して集めても
ぼくじゃ たぶん 見つけられない
君のなにもかも ひきうけるつもりでいた
そんなこと出来もしないくせに…

守れない約束で ぼくらは傷ついていった
君のことで消耗していく 自分が嫌いじゃなかった
ぼくのやさしさって きっと君のためじゃなく
悲劇のヒーロー気取った 見せかけのくさった心

ぼくが世界でただひとり 君を救えると思った
ばからしいって 笑われても…
ぼくらの思いだけは きっと永遠だと言った
それだけは信じていたんだ…

君の言葉のひとつひとつ 思い出して集めても
ぼくじゃ たぶん 見つけられない
君のなにもかも ひきうけるつもりでいた
そんなこと出来もしないくせに…


ミニ情報
アルバム「PARADE」収録曲
スガシカオの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
スガシカオ「斜陽」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ