夏の終わりに想うこと - 嵐の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって


公式サイト
夏の終わりに想うこと  ♪ 
作詞 : 小川貴史
作曲 : 上野浩司

心で小さな泡がはじけていくみたいだ
静かに確実にほら夏が行く

喜びや幸せなんて特別なものじゃない
そんな風に小さく微笑む君がいた

ありふれた出会いが素敵な今日まで育った
君もおんなじ気持ちなのかな?

抱きしめた壊れるほど 壊れるほど確かめてた
胸の鼓動が重なれば僕らはひとつになる

ありのままを伝えたくて君を全部知りたくて
素直になれない僕の胸が鳴る

二度と戻れはしない季節を胸に誓うよ
これからもずっと信じてほしい

抱きしめた夢の中で 夢の中で息をとめた
思い出があふれだして始まる夏の終わり

泣き出しそうな空の日にも
ずっとそばにいるよ

抱きしめた壊れるほど 壊れるほど確かめてた
胸の鼓動が重なれば僕らはひとつになる

抱きしめた夢の中で 夢の中で息をとめた
思い出があふれだして始まる夏の終わり

一度きりのこの夏を越えてみようよ ふたりで


嵐の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
夏の終わりに想うこと/嵐の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ