犬と月 BONNIE PINK 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

BONNIE PINK
公式サイト
犬と月  ♪  BONNIE PINK
作詞 : BONNIE PINK
作曲 : BONNIE PINK

震えた犬が
月の下をとぼとぼ歩いて来た
怯えた瞳で
月の下 忍び足 歩いて来た

目を覚ましたのは
電柱の影だけ

怖がらないで
私は逃げることを忘れたから
強がらないで
お互い壊れ方を忘れましょう

手を伸ばしたのは
なめてほしいから

一点の眩い場所を目指すとき
犬と月が手をつないだ
行ってしまうもの
手の届くもの
境界で犬と月出会った

淋しがりやの
バカでどうしようもない犬と月は
見上げることと
照らすことを覚えた 沈んだ日は

首かしげたのは
自信がないから

ウソが嫌いで
ひどくウソつきな君愛したから
今やっと気付いた
お互い疑うことをやめにしよう

耳澄ましたのは
呼んでほしいから

もっと強く深く抱いたなら
きっと背を向けるのだろう
君がどこかへ行ってしまわぬように
僕はただ黙っていよう

もしも心の奥が寒ければ
涙そっと流すだけさ
行ってしまうもの手の届くもの
境界で犬と月出会った


ミニ情報
「デジタルツーカー北海道・北陸」CMソング
アルバム「Complete Best of BONNIE PINK」収録曲
BONNIE PINKの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
BONNIE PINK「犬と月」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ