早春列車 - オオゼキタクの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

早春列車  ♪  オオゼキタク
作詞 : 小林夏海
作曲 : オオゼキタク

Ah 旅立つ日は 空が青くて
Ah さよならなんて 言えなかった

Ah ホームに立つ 君の笑顔に
Ah さよならなんて 似合わないから

ずっと前から決めてた、と君は何度も繰り返し
叶えたい夢のこと 話してくれたね
季節外れの赤いコート 袖のほつれを気にしては
約束の言葉だけ 探してはうつむいた

Ah 旅立つ日の 君はキレイで
Ah さよならなんて 言えなかった

Ah もう会えない 予感の中で
Ah さよならさえも 言えなかった

思い出をカタチにすれば 甘く温い缶珈琲
ため息を隠すように 分け合って飲んだ
いつだって大事なものは 遠い場所にある気がした
送電線の向こうに 消えてった鳥たちの影

君のいない明日に
すこしずつ慣れてく…

Ah 早春列車 君を連れ去る
Ah きらめきだけを 残したまま

Ah 君は今も 笑顔でいますか?
Ah あの日の夢を 胸に抱いてますか?
…元気ですか?


ミニ情報
アルバム「デラックス・コレクション」収録曲
オオゼキタクの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
早春列車/オオゼキタクの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ