エメラルド - 清春の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

清春
公式サイト
エメラルド  ♪  清春
作詞 : 清春
作曲 : 清春

僕が投げた紙飛行機
何枚目で君へ届くだろう

折り目を今日変えてみたらいい?
もっと狙う的に当たる様に

エメラルドより淡いグリーン 瞳の色
夢で逢った愛のなる枝

眼帯をした体温は僕が呑み込める
眼帯の無い体温に戻れ、毒を抜いて、いつか

比べるには早かったみたい
結局どれも僕の生まれ変わり

二人きり、5分間でいい、言葉もなく
夢で合った嗅覚の部屋

眼帯をした体温は僕が受け入れる
眼帯の無い体温で香る喜びをいつか

愛しの曲を聞く時に君が僕の前で溢れていた
憂いの闇触れる時に君の一点の不安はない

エメラルドより光るグリーン 瞳の中
いらなかった愛のない枝

眼帯をした体温は僕が呑み込める
眼帯の無い体温に戻れ、毒を抜いて、いつか

愛しの曲を聞く時に君は僕の前で笑っていた
憂いの闇触れた時に君の腕には紙飛行機が見えて


ミニ情報
アルバム「VINNYBEACH〜架空の海岸〜」収録曲
清春の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
エメラルド/清春の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ