雪国紅葉 長保有紀 歌詞

歌詞ナビ

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

長保有紀
公式サイト
雪国紅葉  ♪  長保有紀
作詞 : 木下龍太郎
作曲 : 中村典正

残る未練を 捨てるため
女ひとりの 旅の宿
冬がひと足 早いから
もう散り急ぐ 雪国紅葉
二人の恋を 見るようで
片頬濡らす ひとしずく

心変わりを 責めるより
尽くし足りなさ 悔やみたい
湯冷めしそうな 洗い髪
たたずむ窓に 雪国紅葉
憎んだはずの あの人の
面影胸に また浮かぶ

何度 寝返り 打ったやら
眠れないまま 宿の朝
昨夜(ゆうべ)降ったか 淡雪が
紅の葉隠(か)くす 雪国紅葉
想い出埋めて 明日から
出直すつもり 辛くても


長保有紀「雪国紅葉」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
長保有紀の人気曲 この歌手の人気曲一覧

①雪国紅葉♪残る未練を 捨てるため
龍飛崎♪私の心に棲(す)みついた
火縁♪あなたとわたしの 縁(えにし)をひねり
止り木暮らし♪酒場の二階の 四畳半 仔猫と一緒に
越後海道♪こころ残して 身を引く恋は
酒匂川♪あなた見送る 東海道の
花言葉♪淋しくなんか もうないわ
女の帰郷♪手のうちに 残ったものなどないけれど
人生♪父と呼べない男のあとを
さすらい夜曲♪流れ流れて この町で 送るこの胆の

長保有紀の新曲 この歌手の新曲一覧

露の花♪私も好きよ あなたも好きと
昭和流行歌♪酒に浮かれる 男です 酔って泣くのが
人生♪父と呼べない男のあとを
女の帰郷♪手のうちに 残ったものなどないけれど
おさけ川♪誰も好んで 泣くために
出直したいの♪うしろ振り向きゃ 両の手で
嘘の花♪あんなに愛した 人なのに
根無し草♪風の通りが いい家(うち)で
止り木暮らし♪酒場の二階の 四畳半 仔猫と一緒に
うわさ雨♪夜雨小雨の 降る街で 私を泣かす

スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ