優しい手 震えた手 竹仲絵里 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

優しい手 震えた手  ♪  竹仲絵里
作詞 : 竹仲絵里
作曲 : 竹仲絵里

あんな夢 見なきゃ良かった
隅っこに閉じ込めたのに
ココロが私に 何か伝えたがってる

あなたの優しい手と 私の震えてた手
そっと繋いだ感触が 今もまだ残ってる

私が目を逸らせてるから ぶつかって来てくれないんだね
瞳の奥から滲み出す 優しさがとても痛いよ

いつか吐き捨てられた 言葉が蘇っては
二度と恋などしないと 誓ってたのに

笑った時の目尻が あの人に似てたから
新しい恋重ねてしまいそうで 恐かった

私が立ち止まっているから 扉を隠してしまうのね
どんなに忘れようとしても 声が頭を駆け巡る

あなたの手に触れたいのに あなたを包みたいのに
隙間に染み込んでくるような やさしさがとても痛いよ


ミニ情報
アルバム「ペルソナ」収録曲
竹仲絵里の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
竹仲絵里「優しい手 震えた手」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ