光の街 - LUNKHEADの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

光の街

 ♪ 

LUNKHEAD

作詞 : 小高芳太朗
作曲 : 小高芳太朗

忘れようとしたって
忘れられる訳もなくて
せめて抱きしめようとして
その度に胸が痛むような何かを抱えたまま

それでも明日笑えるように
今日の日を生きている
きっと誰もが

東の街が輝いた
空を包み込んでいく光
君が居る街まで届いて
夜を包み込んでいく光

何かが欠けていった
失いすぎてしまった
もう治りはしないような穴だらけの心でも

君は君のままで
君が幸せになるために
今日の日を生きてよ

東の街が輝いた
空を包み込んでいく光
君が居る街まで届いて
夜を溶かし 満ちていく光

何故か僕はぼろぼろ泣きたくなった

東の街が輝いた
空を包み込んでいく光
心の闇まで届いた
僕を包み込んでいく光
君が居る街まで届いて
夜を溶かし 満ちていく光


ミニ情報
アルバム「LUNKHEAD」収録曲
LUNKHEADの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
決戦前夜
ユキシズク
決戦前夜 [TV OA ver.]
MAGIC SPELL
僕たちには時間がない
シンフォニア
うちにかえろう
金色のナイフ
神様なんていない
誰か教えて
光の街/LUNKHEADの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ