そして朝が来た LUNKHEAD 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

そして朝が来た  ♪  LUNKHEAD
作詞 : 小高芳太朗
作曲 : 小高芳太朗

なんにもなかったよ
手を伸ばす事さえ怯えていたから
心の隅の光にだって目を伏せて生きてきたよ

解かっていたんだ本当は
ただ僕は恐かった
失うことが

ただ誰かの声に揺らいで背を向けてしまうなら
傷付かないように
空っぽの両手でそっと耳を塞いでいたかった

生きてるっていう事
いつか死ぬって事
ピンと来なかった
当たり前さ
皮一枚で笑ってただけなんだから

解かっていたって恐いんだ
夢見たら見ただけ
失うことが

けど誰かの声に揺らいで背を向けてしまう日も
譲れない心の最後の砦だけは
変わらずそこにあった

そして闘うって事の本当の意味を知る朝が来た

また誰かの声にいつか背を向けてしまう時
譲れない心の最後の砦の前で
誓った事思い出せ


ミニ情報
アルバム「LUNKHEAD」収録曲
LUNKHEADの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
LUNKHEAD「そして朝が来た」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ