紙ふぶき レミオロメン 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

レミオロメン
公式サイト
紙ふぶき  ♪  レミオロメン
作詞 : 藤巻亮太
作曲 : 前田啓介

ああ、答え待って意味探して何もせずぼやいて
何日 何十日 生きてる
突然 目覚めるって思っていたけどそうでもなくて
何日 何十日 生きてる

諦めてしまうことと投げやりになれないこと
その狭間で瞳を閉じた

不器用に生きる意味探して
紙ふぶきから一つ探るよ
真冬の空 駆け上がって
心に響く風の音聞く人の旅路さ
どこまで伸びるかな
夢を型抜き冬を越してゆくよ

ああ、イメージって形もなく空気みたいだから
僕らの欲求はふくれ上がる

退屈とスリル感を天秤にかけることも
いつの間にか怖くなって

風もなく立ちつくした日々も
脈打ってたよ心の場所は
真冬の中 雪も溶かす
僕らはらしさを探している? 思い出してる?
どちらも同じさ
日々に足つけ冬を越してゆくよ

不器用に生きる意味探して
紙ふぶきから一つ握るよ
真冬の空 駆け上がって
心に響く風の音聞く人の旅路さ
どこまで伸びるかな
夢を型抜き冬を越してゆくよ

夢を型抜き冬を越してゆくよ


ミニ情報
アルバム「HORIZON」収録曲
アルバム「Flash and Gleam」収録曲
アルバム「レミオベスト」収録曲
レミオロメンの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
レミオロメン「紙ふぶき」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ