蛍草の夜 - 元ちとせの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

元ちとせ
公式サイト
蛍草の夜  ♪  元ちとせ
作詞 : HUSSY_R
作曲 : 間宮工

月の畦道を走りぬけて
もいちど河原をめざす

虫かごの中 ホタルたちを
しばらくひとり見ていた
会いたいよと鳴くその代わり
儚いけれど光るもの
開け放つ扉から
いくつも
群青(ぐんじょう)の空に舞う
蛍草(つゆくさ)照らして

あなたの不在に慣れてゆくよ
それでも夏は在るよ
あの涙が今のわたし
この場所まで連れてきた
悲しみを少しずつ
ほどいて
遠くまで飛んでゆけ
蛍草の夜に

開け放つ扉から
いくつも
群青の空に舞う
蛍草照らして

悲しみを少しずつ
ほどいて
遠くまで飛んでゆけ
蛍草の夜に

開け放つ扉から
いくつも
群青の空に舞う
蛍草照らして


ミニ情報
アルバム「ハナダイロ」収録曲
元ちとせの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
蛍草の夜/元ちとせの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ