熊野古道 水森かおり 歌詞

歌詞ナビ

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

水森かおり
公式サイト
熊野古道  ♪  水森かおり
作詞 : 木下龍太郎
作曲 : 弦哲也

離れるほどに 恋しさつのる
心はなんて あまのじゃく
列車を何度か 乗り継いで
熊野古道を ひとり旅
切れぬ未練に 振り向けば
足を取られる 木の根道

女は愛に 欲ばりだから
重荷になって いたみたい
ないものねだりの 悪いくせ
熊野古道は 石畳
消したつもりの 面影が
杉の木立に 見え隠れ

涙の川を 何度か渡り
女は強く なると言う
つまづきながらも また一歩
熊野古道を 峠越え
歩き通した その時が
きっと私の ひとり立ち


水森かおり「熊野古道」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
水森かおりの人気曲 この歌手の人気曲一覧

湯布院♪差し出す人も ないまま買った
幸せの子守唄♪♠ 今日のお前は
鳥取砂丘♪潮の匂いに 包まれながら
桂浜♪夢など 捨てて下さいと
ひとり薩摩路♪春は桜の 薩摩路を 行けば涙が
宇和島 別れ波♪あなたが最後の ひとになる
早鞆ノ瀬戸♪海を歩いて 渡れますか
櫻守♪破られるために あるのでしょうか
ふたり雨♪ひとつの蛇の目に 寄り添えば
夢の花・恋の花♪雨の日 風の日 あるけれど

水森かおりの新曲 この歌手の新曲一覧

みだれ髪♪髪のみだれに 手をやれば
知床旅情♪知床の岬に はまなすの咲くころ
泣きぬれてひとり旅♪あの人を京都の街で見かけたと教えられた
コモエスタ赤坂♪コモエスタ セニョール
潮来水郷♪来ないあなたを 振り切るように
比叡おろし♪風が舞う 夢が散る うす墨の
湯西川♪川の流れが 秋に染まる
望郷夢うた♪春は桜の 花の下(もと)
角島大橋♪焦がれる心が 涙に変わる
山口旅愁♪さわやかな風の中 歩いても

スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ