ファミリア ケツメイシ 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

ファミリア  ♪  ケツメイシ
作詞 : ケツメイシ
作曲 : ケツメイシ

語り出すあの両手 包み込む愛のすべて
笑いあうあの光景 思い出すたび安らぐ

すねかじり 上ばかり 夢ばかり 語り まくってた 俺も 少しは 変わり
父母 兄貴 これを機に 過ごした日々 振り返る時 かけた迷惑 今じゃ 善悪
わかる年 わかる時 身心より
その 小言も 俺を 思ってのこと 与えられてみれば あつかましい
離れてみれば あー懐かしい
今となっては しわとなった その顔に 同じ血感じ 今日も言いたい
そう 良心から 両親にありがとうございます

初めて借りた小さな部屋 ささやかな贅沢を得たが
今宵も一人もどる家路 暗い部屋
温もりが懐かしい かわり 空いた 心の穴
何で埋まるか 後もらう妻と子かな?
小言もなく 終末電話のみ
引き出し たまった 母の手紙
日ごと あたり前 ぼかす気心
今更身にしみる あの一言
離れても変わらず守られてた
これから 何があっても守りたい
語り出す母の目が いつもやさしく微笑む
語り出す父の声 いつまでも胸に響く

やがて生涯の伴侶に神授かった 預かった命に 思いは熱かった
俺に懐けと 手なずけ 雅と名付け 思いよ叶え 君にとどけ
俺の支え 君は やがて 離ればなれで それも甘え 粋な やがて 笑い話で
困ったら俺の 元へ戻れ 家族 あわよくば 俺が 守る

ただ何気なく 過ごしてた
まだ 近すぎる こと邪魔してた
両親だけの お陰じゃないが
気付けば 小さくなってた背中
早く なるとも 遅くとも
いつかは子を 持ち知る親の恩
家に帰り 家族の灯を灯そ
たまにしか 家に戻れなくても
厳しい父 丸く白髪まじり
母は少しやせて眼鏡だより
この先変わらない 感謝・思い
今できる何かをここに示す
語り出すあの両手 包み込む愛のすべて
語り出す子供の手 いつまでも側で見てる

この世に生まれた頃から よく泣きよく笑う子だったと
初めて聞かされたあの日から もう随分経ち
街の中にありふれた一家 満たされた 見渡せた
愛情の詰まった部屋では 飛び交う笑い声が もれた
こぼれるほどの愛よ 前を向かせてくれたが
辛いと 言った弱音にくれたビンタ 今でも思い出すあの痛みが
気が付けばそう どうだろ 他の誰よりも感謝しよう
感謝状の代わりには ならないが いつまでも 長生きしろ!
誕生から愛情に育まれて成長 多くの友と共にそう羽ばたこう
讃え与えあうならば支えたい せまい世界またとない出会い…


ケツメイシの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
ケツメイシ「ファミリア」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ